花と猫

今日のいいことわるいこと

言葉と姿

女の子が胡座をかく

乱暴な言葉を使う

残念に感じる人って多いですよね。

私は、そういう観念?のようなものに反発しちゃうタイプです。

女だから、男だから、そういうの嫌です。きっぱり、嫌です。

でも、道行く知らない人を見てると、確かに、残念だなって感じることがあります。

なんで残念なんだろう。

ちょっと考えてみた。

考えてみた結果。

可愛らしい服を着て、綺麗に化粧をして、姿形を女性らしく演出しているのに、

それに似合わない言葉遣い、仕草をするのが残念に感じるのだな、と、自分なりに結論付きました。

そこには、男も女もないです。

逆に、メンズライクな姿の時は、多少乱暴な言葉が似合ったりするんです。きっと。

 

綺麗な姿の時は、綺麗な言葉を

可愛らしい姿の時は、可愛らしい言葉を

汚い姿の時は、汚い言葉を。

そうありたいな、と思ったのであります。

どんな姿も、どんな言葉も似合う人間になりたいな、と。

 

人間鎧ってなんぼ。

繕ってなんぼ。

それによって、本当のその人に出会えた時の感動が、その人自身をものすごく魅力的にするんじゃないかな。

素の自分を見て欲しいなら、安売りしないこと。

もったいないから!